ドメインとは

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたります。「住所」ですから、同じものは世界にふたつとありません。たったひとつだけです。
ドメイン取得は先着順になっており、基本的に、先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。裏をかえせば、どんなドメインでも最初に申請すれば、それがあなたの「住所」になります。
ドメインは、世界中のさまざまな人々が利用するため、国や目的により分類されており、国際的に認定された機関が管理しています。ドメインには、「○○.com」8ドットコム)、「○○.net」(ドットネット)、「○○.co.jp」(シーオージェーピー)などがあります。

ドメインを取得するメリット

契約しているプロバイダでホームページを持つと、アドレスにはプロバイダが決めた文字列が入るので、長いアドレスになってしまいます。独自ドメインを使えば、自分の好きな文字列の短いアドレスを使うことができます。
また、同じドメインがまだ誰にも取得されていなければ、会社名や商品名など自由につけることができます。独自ドメインを、会社名(屋号)や商品名にすることでお客様にも覚えてもらいやすくなります。
さらに、独自ドメインを使用した企業ホームページを持つことでそのホームページの信頼感やブランドイメージを高めることができます。

一生使えるアドレスを!

個人や企業でオリジナルドメインを取得すると、プロバイダやレンタルサーバーを変更してもドメインはそのまま使用できます。
プロバイダを変えるたびにアドレスをアナウンスしたり、ホームページを検索エンジンに登録しなおす必要もありません。つまり、一生涯使うことも可能なのです。

レンタルサーバー

自分だけのドメイン、あるいは自分の会社のドメインを取得したら、レンタルサーバーを借りましょう。
オリジナルドメインとレンタルサーバーをセットのようなものです。ドメインを漬けるようにするにはサーバーを借りて、そこにWEBサーバーやメールサーバーを設置します。そうすることにより、始めてオリジナルドメインを世界に発信することができるようになります。
レンタルサーバーは、容量やメールアドレスの数あるいは専用サーバー設置など値段はまちまちです。ネットでレンタルサーバー会社を検索して比較検討しましょう。

スポンサードリンク